12/20〜12/24 週間展望


ドル/円 (今週の方針) 84.07円売り参戦中 ロスカットは、0.5円リスクです。手仕舞いは、82.80円です。
 東京チャート CFTC建玉  24343→28574→31336→23351→13057枚 ドル売り越し(円買い越し)

(投資方針)  (84.07円)で売り参戦中です。 既報どうりの作戦で、ロスカットは、84.57円 手仕舞いは、82.80円です。

 CFTCでは、ファンドの円買いポジションは縮小しており、円安反転への準備段階のような、ポジション変化が考えられます。また、下チャートのように、50日移動が上昇変化初めており、数週間〜1ヶ月程度で、長期強気指標が、点灯が予想されます。今すぐに、円安波動は無理としても、今後の突っこみや円高局面は、買い参戦の必要があろうかと考えます。当面 82.3円以下の急所出現なら、検討します。
ユーロ/ドル 週末〜次週の買い場探し
  東京チャート CFTC建玉 32401→10568→7993→5253→14349→9599枚売り ユーロ売り越し(ドル買い越し)
(投資方針)
 以下チャートのように、週末〜次週のタイミングで、50・75日移動線のクロスが予想され、このタイミングで、直近の安値圏ならば、リバンド買いの急所となる公算です。逆行を確認出来るなら、絶好の買い場となる公算です。 どこまで、ドル高進行するか、様子見です。
スワップ鞘取り  11/2 ドル円売り/豪ドル円買い +0.12円 仕掛け中

(投資方針)
 現在時間で、+0.83円鞘です。ドル円は、今すぐの底入れ上昇は無理がありますが、1ヶ月以内の底入れの兆候が見えます。今後のつっこみ 鞘の0円程度は、積極的に手仕舞いして下さい。 
ポンド円 週内注文 IFD 128.0円買い 126.0円ロスカット売り  
(投資方針) 週内限定で、以下チャートのように、128円以下は、買い方針 126円以下で、ロスカット設定しますので、同時発注は、IFD注文となります。手仕舞いは、134円以上で検討予定です。  

12月 17日 PM7:35更新 短期展望


ドル/円 84.07円売り参戦中 ロスカットは、0.5円リスクです。
 東京チャート CFTC建玉   36419→24343→28574→31336→23351枚 ドル売り越し(円買い越し) 

(短期スイング方針)
 昨夜号提示のように、(84.07円)で売り参戦となりました。既報どうりの作戦で、ロスカットは、84.57円 手仕舞いは、82.80円です。
(中長期方針)  中長期ポジションは、見送り様子見
ユーロ/ドル 様子見
東京チャート CFTC建玉  45041→32401→10568→7993→5253→14349枚売り ユーロ売り越し(ドル買い越し)


(投資方針)
 以下4時間足のように、再度 1.320ドル割れからの反騰となりました。1.400ドルには、日足の基準線が位置しており、抵抗になる可能性を考えます。 どこかで、再度 買うべきとは考えますが、タイミングの検討中です。明日のCFTC建ち玉報告を見て、再考します。
(中長期方針) 

 

スワップ鞘取り  ドル円売り/豪ドル円買い +0.12円 仕掛け中
(投資方針) 現在時間は、0.88円の鞘です。 逆転局面が出現するなら、一旦手仕舞い方針とします。

12月 16日 PM7:25更新 短期展望


ドル/円 現在時間の売り参戦方針 ロスカットは、0.5円リスクです。
 東京チャート CFTC建玉   36419→24343→28574→31336→23351枚 ドル売り越し(円買い越し) 

(短期スイング方針)
 以下8時間足のように、84.5円越え後に、逆行安しております。84.5円は、25週移動平均線位置で、ワンタッチしてからの反落しています。逆行が確認されるので、現在時間(84.07円)ですが、売り参戦方針とします。ロスカットは、0.5円リスクです。仕切りは、82.8円に設定して下さい。
(中長期方針) 既に、逆行安しているので、中長期ポジションとしての、参戦妙味に疑問がありますので、見送ります。
ユーロ/ドル 利益撤退後は様子見
東京チャート CFTC建玉  45041→32401→10568→7993→5253→14349枚売り ユーロ売り越し(ドル買い越し)


(投資方針)
 昨日はかろうじて、小幅な利益で撤退が出来ました。急降下中の日足基準線にタッチして反落した事や、逆行した事など、線形が悪化した為ですが、今後 以下のような逆行が確認されるなら、買い参戦提示します。
(中長期方針) 

 

スワップ鞘取り  ドル円売り/豪ドル円買い +0.12円 仕掛け中
(投資方針) 以下週足比較するとわかりやすいのですが、ドル円相場は、25日移動線への初戻りを果たしました。早ければ、これで戻り一杯となっても良いでしょうし、また、まだ上値が伸びたとしても、下降中の基準線や、遅効スパンの位置を見る限り、86円台が最大かとイメージしております。 現在時間は、+1.03円鞘と再び拡大してますた、逆転局面が出現までは維持方針です。

12月 15日 PM6:50更新 短期展望


ドル/円 戻り売り相場観の、様子見
 東京チャート CFTC建玉   36419→24343→28574→31336→23351枚 ドル売り越し(円買い越し) 

(短期スイング方針)
 日足チャートでは、以下のように、遅効スパンが26日前の先行スパンい抵抗されているようです。抜けるなら、次ぎのステージへの上昇が予想されれるものの、戻り売り予想には変化ありません。 84.5円以上出現なら、検討ですが、現状は様子見です。
(中長期方針)  25週移動平均線〜基準線価格帯が、戻り一杯予想で、売り妙味ある水準です。 84.5円以上の出現なら、検討します。
ユーロ/ドル  中長期方針 1.320jの買約定 予定変更手仕舞い方針
東京チャート CFTC建玉  45041→32401→10568→7993→5253→14349枚売り ユーロ売り越し(ドル買い越し)


(投資方針)
 昨晩の戻り高値は、下降中の基準線をヒットして、悪い線形なので、予定変更して、現時間帯で、手仕舞い方針とします。 
(中長期方針) 定変更手仕舞い方針 

 

スワップ鞘取り  ドル円売り/豪ドル円買い +0.12円 仕掛け中
(投資方針) 現在時間は、+0.63円鞘です。せっかく逆転間際まで、円高進行しましたが、再び反転円安進行しており、現在時間は、+0.632円鞘です。 既報どうり、逆転局面が出現なら、手仕舞い方針です。

12月 14日 PM6:55更新 短期展望


ドル/円 様子見
 東京チャート CFTC建玉   36419→24343→28574→31336→23351枚 ドル売り越し(円買い越し) 

(短期スイング方針)
 以下の4時間足のように、逆行が点灯しているので、通常は、82.50円を下回り、逆行エネルギーが消滅する事が多いです。中途半端な価格なので、参戦はしませんが、82.5円割れ後の変化に注目ですが、今しばらく、円高方向予想です。 
(中長期方針)  25週移動平均線〜基準線価格帯が、戻り一杯予想で、売り妙味ある水準です。 84.5円以上の出現なら、検討します。
ユーロ/ドル  中長期方針 1.320jの買約定  ロスカットは買い値 1.320円に切り上げ方針
東京チャート CFTC建玉  45041→32401→10568→7993→5253→14349枚売り ユーロ売り越し(ドル買い越し)
(投資方針)
 買い指し値の切り上げが綺麗にヒットしました。 基本は中長期ポジションなので、維持方針ですが、FOMC等の大波乱が予想されますので、万一のロスカットは、買い値 1.320ドルに切り上げして下さい。短期なら、1.360ドルで一旦手仕舞いですが、中長期は、1.40ドル復活を狙います。 
(中長期方針) 1.40ドル復活を狙います。

 

スワップ鞘取り  ドル円売り/豪ドル円買い +0.12円 仕掛け中
(投資方針) 現在時間は、+0.24円鞘です。 ドル円が、82.5円程度への円高局面を迎えると、逆転鞘となる事が予想されますが、そのタイミングは、手仕舞い方針とします。 1ヶ月以上のスワップポイントが得られているので、充分です。  

12/13〜12/17 週間展望


ドル/円 (今週の方針) 様子見
 東京チャート CFTC建玉  36419→24343→28574→31336→23351枚 ドル売り越し(円買い越し)  

(投資方針) 以下チャートのように、25週移動平均線〜基準線程度が、上値の急所ゾーンと考えます。ロスカットリスクが広すぎるので、現在価格からでは、仕掛出来ませんが、今後の時間足の線形によって、指標が点灯するなら、仕掛提示予定です。まだ、まだ、ドル円の底入れは早いと見ています。
ユーロ/ドル 12/13 1.320jの買い約定 1.290jのロスカット方針
  東京チャート CFTC建玉 45041→32401→10568→7993→5253→14349枚売り ユーロ売り越し(ドル買い越し)
(投資方針)
 以下チャートのよに、6・12日移動線は、1ヶ月ぶりの陽転クロスです。二番底狙いの買い方針としてましたが、週末号では、買い指し値を、1.320jへ切り上げ提示しており、本日の午前中に、1.320jを割れており、約定スタートしました。既報どうり、ロスカットは、1.290jのロスカット方針です。
スワップ鞘取り  11/2 ドル円売り/豪ドル円買い +0.12円 仕掛け中
(投資方針) 現在時間で、+1.042円鞘程度です。 少々時間がかかっていますが、まだまだ、ドル円は、底離れとはなりません。あくまでも、長期移動平均線が下降中に間は、戻り売り観測なので、鞘取りポジシションは、持続方針です。マイナス圏に逆転するなら、手仕舞い検討です。


ユーロ円 様子見  
(投資方針) 次回 50週移動線にチャレンジするところは、同時に先行スパン下限にチャレンジしますので、上値抵抗となるはずで、数週後に出現するなら、絶好の売りのチャンスと考えます。欧州金融不安は、再度蒸し返す場面は、近い将来出てくるはずと見ています。

12月 10日 PM7:15更新 短期展望


ドル/円 様子見
 東京チャート CFTC建玉   44114→36419→24343→28574→31336枚 ドル売り越し(円買い越し) 

(短期スイング方針)
 以下の8時間足のようなパターン(円高)方向をイメージしております。 なぜなら、25週移動平均線が、84.51円まで下降中であり、上値が重たい・戻り売り(円高)方向と見ているからです。 通常は、25週移動〜基準線が上値の傘となるはずで、出現するなら中長期売り検討です。
(中長期方針)  25週移動平均線〜基準線価格帯が、戻り一杯予想で、売り妙味ある水準です。 84.5円以上の出現なら、検討します。
ユーロ/ドル  中長期方針 1.320jの買い方針 指し値変更  1.290jのロスカット方針
東京チャート CFTC建玉  45041→32401→10568→7993→5253枚売り ユーロ売り越し(ドル買い越し)


(投資方針)
  下降トレンド途上で、拗れていますが、戻りのちょうど、半値押し水準で膠着してます。 1.350jを越えると、1.40j復活は早いのではと考えます。 1.320j以下は、2回試しているので、回指し値は、以下のように、切り上げ変更とします。
(中長期方針) 1.320jの買い方針 1.290jのロスカット方針

 

スワップ鞘取り  ドル円売り/豪ドル円買い +0.12円 仕掛け中
(投資方針) 現在時間は、+1.13円鞘です。対ドルの円高予想 対オージの円安予想に変化なく、 マイナス圏に逆転するまでは、持続です。 
カナダ円   仕切り方針 
 Aカナダ円   82円〜80.5円圏の買約定、現在時間では、82.70円前後です。 関連の指標 NY原油の線形が可笑しくなっていますので、予定変更して、成り行き手仕舞い方針とします。 



12月 9日 PM7:20更新 短期展望


ドル/円 様子見
 東京チャート CFTC建玉   44114→36419→24343→28574→31336枚 ドル売り越し(円買い越し) 

(短期スイング方針)
 昨報では、84〜85円圏は、売り場探しのイメージとしましたが、明確な節目は、84.40円を越えた後の動きが重要で、逆行するなら、仕掛けリスクは少ないです。もう少し、明確な指標・節目が出現するまでは、様子見とします。 
(中長期方針) 以下週足のように、25週移動平均線〜基準線価格帯が、戻り一杯予想で、売り妙味ある水準です。 84.5円以上の出現なら、検討します。
ユーロ/ドル  中長期方針 1.315jの買い方針 1.290jのロスカット方針
東京チャート CFTC建玉  45041→32401→10568→7993→5253枚売り ユーロ売り越し(ドル買い越し)


(投資方針)
  米国の金融緩和の流れは既成事実であり、さらなる緩和の可能性もあります。欧州不安が遠のけば、下げ巾の殆どを取り返すようなドル安パターンをイメージしております。 中長期的な以下仕掛け方針とします。
(中長期方針) 1.315jの買い方針 1.290jのロスカット方針

 

スワップ鞘取り  ドル円売り/豪ドル円買い +0.12円 仕掛け中
(投資方針) 現在時間は、+1.3円鞘です。個別チャートでは、以下のように、長期移動平均線(50・75日移動)の方向性が、中長期波動と考えるべきで、オージ円は上昇相場 ドル円は、下降相場との判断は継続です。 ここで、85円を試す円安になろうとも、まだ円高波動には変化なく、鞘取りポジションは、維持予定です。 週内に手仕舞い検討中としましたが、逆転するまでは、持続です。 
ポンド/円・ユーロ円  各約定参戦中 
 (投資方針)  @ポンド円  132.5円〜131.0円圏の買約定  132.5円仕切り済です。 50・75日移動を再度割れた以上 まだ保合圏相場との考えです。手仕舞い後は静観

 Aカナダ円  82円〜80.5円圏の買約定、現在時間では、82.85円前後です。25日移動にサポートされており、基準線の上昇に伴い、近々 84円を越える期待があります。 想定以上に時間がかかっていますので、吹き値 84.2円指し値設定で、手仕舞い方針とします。 (79.5円のロスカット)作戦は継続です。 

12月 8日 PM7:40更新 短期展望


ドル/円 様子見
 東京チャート CFTC建玉   44114→36419→24343→28574→31336枚 ドル売り越し(円買い越し) 

(短期スイング方針)
 以下チャートのように、84〜85円圏は、売り場探しのイメージですが、現在のところ 合理的なリスク戦略が提示出来ません。 短期方針は、0.5円程度で、ロスカット設定したいので、チャンス逸するかも知れませんが、もう少し様子見ます。
(中長期方針) 再度円高進行と考えておりますので、売り場を探したいろころですが、妙味ある水準は、84.5円以上であり、出現なら、検討します。
ユーロ/ドル  中長期方針 1.315jの買い方針 1.290jのロスカット方針
東京チャート CFTC建玉  45041→32401→10568→7993→5253枚売り ユーロ売り越し(ドル買い越し)


(投資方針)
  18:00過ぎに、1.3179ドルが出現しており、この価格前後で、下値が終わってしまう可能性もありますが、1ヶ月以内に、1.40j程度への、下げ巾の殆どを取り返すようなドル安パターンをイメージしております。 中長期的な以下仕掛け方針とします。
(中長期方針) 1.315jの買い方針 1.290jのロスカット方針

 

スワップ鞘取り  ドル円売り/豪ドル円買い +0.12円 仕掛け中
(投資方針) 現在時間は、+1.64円鞘です。 円高に振れるチャンスは、まだまだ残っていると思われますが、週内に手仕舞い検討中で、追って提示します。 

ポンド/円・ユーロ円  各仕切り提示 
 (投資方針) 



 @ポンド円  132.5円〜131.0円圏の買約定 現在時間は、131.90円です。以下チャートのように、132円を少々越えた水準のワンタッチで、反落否かの、重要な急所の水準です。ひとまず、132.5円で手仕舞い方針とします。  ロスカットは、129円に設定は維持です。

 Aカナダ円  82円〜80.5円圏の買約定、現在時間では、83.00円前後ですが、時間がかかりそうなので、吹き値 84.2円指し値設定で、手仕舞い方針とします。 (79.5円のロスカット)作戦は継続です。 

12月 7日 PM7:55更新 短期展望


ドル/円  83.5円割れ売り玉→82.50円仕切り済
 東京チャート CFTC建玉   44114→36419→24343→28574→31336枚 ドル売り越し(円買い越し) 

(短期スイング方針)
 売りポジションは、無事に、82.5円で仕切り完了となりました。CFTCでは、円の買い越が2週連続しているので、さらなる円高方向のイメージを持っていますが、82円割れ継続するなら80円割れの可能性が強まります。反面 82.5〜82.0円で、下げ止まるようなら、押し目二番底の可能性が浮上します。2/3押し〜ダブル底を含む、二番底形成か、70円台突入の円高進行か、明確な指標・線形が出現するなら、積極提示予定ですが、現状は様子見です。


(中長期方針) 
ユーロ/ドル  様子見
東京チャート CFTC建玉  45041→32401→10568→7993→5253枚売り ユーロ売り越し(ドル買い越し)


(投資方針)
  以下チャートのように、8時間足の下降トレンドを上抜けしており、底値固めの展開をイメージしておりますが、断定には、少々早いです。具体的な作戦は、もう1日見て、提示します。
(中長期方針) 底値固めの展開をイメージ

 


スワップ鞘取り  ドル円売り/豪ドル円買い +0.12円 仕掛け中
(投資方針) 現在時間は、+0.38円鞘です。 水曜日〜金曜日の中で、手仕舞い検討中で、追って提示します。 

ポンド/円・ユーロ円  各約定参戦中 
 (投資方針) 



 @ポンド円  132.5円〜131.0円圏の買約定 現在時間は、130.60円です。数日内に、基準線の上抜け&先行スパンの上抜け出来なければ、下抜けの可能性が強まります。 数日内の動きで、ロスカット待たずに、撤退も検討します。 ロスカットは、129円に設定は維持です。

 Aカナダ円  82円〜80.5円圏の買約定、現在時間では、82.50円前後ですが、25日移動線を下限とした上昇トレンドは継続しております。 84円奪還に時間がかかるようなら、今週中の撤退検討中で、追って提示します。それ以外は、(79.5円のロスカット)作戦です。